calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
06« 2007/07 »08

プロフィール

ティナママ

Author:ティナママ
私はtina-mama !
家族はtina-papa &息子 & 娘。
そして可愛い家族、イングリッシュ・コッカーのティナ&モカ。

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルティオ君 

アルちゃん

モカのお兄ちゃんのアルティオ君です! (ティナの2男です)
アルちゃん 「風が吹いてて気持いいよーー!!」
後に写っているのは、ママとおばあちゃんですって。 (*^^)v 


アルちゃん

アルちゃん 「 ママ~、早く撮ってよーー。」


アルちゃん

アルちゃん 「ボールは渡さないよーー。」
食べ物の次に大好きなボールですって。 (*^_^*)

アルちゃんのパパ&ママは山歩きが大好きです。
だからアルちゃんもいろんな所に連れて行ってもらっています。
「 いいなあ~~ 」← ティナ&モカの声。 (笑)
スポンサーサイト

2007.6.23(土)ハーモサ・ビーチ&ハリウッド+羽田 

ハーモサ・ビーチ

娘の勤めている会社を見にいきました。
ハーモサ・ビーチにある、可愛い会社です。
ファッションメーカーと言うのでしょうか。


ハーモサ・ビーチ

まず、周りの環境から。
平日はこんなに人がいないそうです。この日は土曜日でしたからね。


ハーモサ・ビーチ

絵になりますねえ~。


ハーモサ・ビーチ

スプリンガーの「ももちゃん(?)」
奥さんが日本の方のようでした。サングラスをかけていたのので、気がつきませんでしたが。
日本語を喋っていました。(笑)


ハーモサ・ビーチ



メグ・カンパニー

社長さんが大阪出身の日系企業です。
最初は泣いていた娘ですが、最近は楽しく働いているようです。
娘は2階の事務所にいます。


メグ・カンパニー

ちょうどこの時、社長さんはイタリアの展示会に行っておられて、お会いする事ができませんでした。
社員の皆さんには会うことが出来て、娘が可愛がって頂いている事が分かり、親としてとっても嬉しく思いました。


ハリウッド

ハーモサ・ビーチにもハリウッドにも、娘の運転で移動したわけですが・・・。
まあ、生きた心地がしませんでいた。(>_<)
スピードが!車間距離が! きゃーーー!!!
流石にpapaも 「気いつけや!! ブレーキが遅いで!!」
周りみんながスゴイ運転なので「あちら流」なのでしょうが。ああ怖かった。(>_<)


ハリウッド

papaは、新婚旅行以来2度目のハリウッド。


ハリウッド



ハリウッド



ハリウッド

ここにも「ファミマ」が進出していました。


ハリウッド

この日は「パイレーツ・オブ・カリビアン」と「ピエロ」の衣裳を買いました。
前回は頼まれた「スターウォーズ」の衣裳を買い、巨大な箱を「手持ち」で日本に持ち帰ったtina-mamaです。(-_-;)

さあ、この日はこの後、またnatsumikanの方向音痴に付き合わされることに・・・。
夕食はサンタモニカの「すし六」に予約を入れてもらっていたのです。(ラスベガスでお世話になった、Okabeさんに)
ぎりぎりセーフで予約の時間に間に合いましたけど・・・。

「すし六」では娘に美味しい物をいっぱい食べさせてあげることができました。

翌6月24日(日)日本にむけ帰国の途に。
ホテルの前で、娘とは別れました。空港での別れは、絶対嫌です!!

LAの空港で、又、一つの出会いがありました。
小さい体から、みなぎるパワー(笑)を発散させている女性!!
たった1人でカウンターにしがみつく様にして「チェックイン」している女性。(爆笑)
「英語ができないんですよね。」とtina-mamaと並んでいる時に、オシャベリしていた方です。

同じビジネスクラスで席も近かったので、成田についてからも一緒に入国手続きをしたり。
彼女は「草野順子さん」という方で、東京で「ネイルサロン」を経営されている方でした。
テレビとかにも出られて、活躍されている方だったのです。
さすが頑張っておられる方は「パワー」が違いますね。

ひょんなことから、草野さんと「メルトモ」になった、tina-mamaです。(笑)


羽田

羽田で1泊して、次の26日、帰宅しました。
羽田は雨模様でしたが、大阪は晴れ!
帰宅後直ぐ、仕事に復帰したtina-papa.  ご苦労様です。
tina-mama? お留守番をしてくれていた「しんちゃんママ(妹)」と旅行の土産話に花を 咲かせておりました!! (*^_^*)

2007.6.22(金) 

サンタモニカ

お昼の飛行機で、ラスベガスからLAに移動。
今度のホテルはサンタモニカの「ハントレイ・サンタモニカ・ビーチ」です。
こじんまりした、静かなホテルでした。
娘と合流まで、付近をお散歩をしました。


サンタモニカ



サンタモニカ



カモメ

ああ、サンタモニカです!

カモメ



お散歩

なんだか引きずられてのお散歩みたいでした。(苦笑)


ホテルの窓から

ホテルのお部屋も上品で清潔でしたが、ウィンの後ではどんなお部屋でも色褪せてしまいます。


ホテルの窓から

住宅街にあり、静かな環境にあるホテルでした。
最上階には展望レストランとバーがあり、とても人気のようで、夕方はエレベターが満員でした。

でも私達は娘がお部屋をシェアさせてもらっているお姉ちゃんと、サンタモニカピア近くの「ロブスター」で夕食を取りました。
ロブスターは勿論、魚介類が美味しかったです。(*^_^*)

2007.6.21(木) ラスベガス 

1泊2日のツアーから帰って来た夜のこと・・・。
夕食はホテルのレストランでとる事にしました。
パパは「アレックス」という超有名なレストランでと、希望したのですが、tina-mamaは疲れているし肩肘の張らないイタリアンを希望しました。
で、「バルトロッタ・リストランテ・ディマーレ」に。
ここも、有名らしく客層が違う・・・。
まあ、注文するのに四苦八苦。(-_-;)
テーブルに来る人ごとに「I can speak English, a little.」汗、汗。
でも笑顔笑顔。(*^_^*)

ワゴンに載せた丸ごとの魚を「Fish, fish!」と薦めてくれてもねー。
とりあえず、ロブスターのパスタとサラダ・ワインを注文しました。
お味はグー。(^_^)v

もう終わりにしようかと思ったら、また「Fish, fish.」
仕方がないので「ヒラメ」を頼みました。
どうやってって? 手の平をペタペタ合わせて「ペッタンコ・フィッシュ」って。(爆笑)

ズッキーニ、トマト、その他野菜、ヒラメのムニエルをちゃんと身をはずして「大皿」に!
美味しかった~~、けど、お腹がパンクしそうだったわ。(-_-;)

イタリアンのお店だったので、ウエイターも明るかったけど「言葉が通じないんだよね~」と、陰で言われているのが丸分かりで。(苦笑)

お会計は「ルームナンバー」を、サイン。
その時から「60階だってよ!」というザワメキ。(^_^)v
並んでお見送りをしてくれました。
黄門様の印籠みたいでした。


ベネチアン

お隣のホテルのベネチアン。 前を通っただけですが。


ベネチアン

本物のベネチアはお水が汚いからね。 鐘楼まで、ちゃんとあります。


ベネチアン



宣伝

夜に行く「セリーヌ・ディオン」のコンサート会場の下見にいきました。


下見

コンサート時には、入場後にカメラを預けさせられました。 厳しいのね。


下見



フォーラムショップス

前回娘と来た時に歩き回りました。  パパとではね・・・。


フォーラム・ショップス

トロイの木馬かな?


アルマーニ・エクスチェンジ

アルマーニのカジュアルブランドなので、お手軽価格。 息子へのお土産を沢山買いました。


フォーラム・ショップス



フォーラム・ショップス

ラッセンの車。


すし六

ショー後のお食事をするレストランも探しておこうとしました。
でも、中途半端な時間になってしまったので、先に食べる事にしました。
フォーラムショップスの中にある「すし六」です。
受付の女の子が日本語の出来る人を連れてきてくれました。
なんと「Head Sushi ChefのOkabeさん」
Okabeさんに「とにかく美味しい物が食べたいです。」とお任せでお願いしました。
ラスベガスに行かれる方、是非立ち寄ってくださいませ。
最高の物を出してくださいます。
行かれる時は一言tina-mamaにご連絡を。電話をしておいてあげますから。(^_^)v

フォーラム・ショップス



フォーラム・ショップス



ベラッジオ



ベラッジオ



ベラッジオ

「セリーヌ・ディオン」のショーは良かったです。
これも、お薦め!!  前の方の席が勿論良いですよ。


ベラッジオ

ショーの帰りに立ち寄ったベラッジオの噴水ですが、調子が悪くて上がっていませんでした。 残念でした。

2007.6.20(水)1泊旅行 ⑤ 

デザート・ビュー・ポイント

朝食後、グランドキャニオンへ。
まずは「デザート・ビュー・ポイント」の、ウオッチ・タワー。


ウオッチ・タワー

先住民の遺跡を再現したらしい。


内部

下から見上げた所です。


内部

壁面。


内部

入り口。


内部

上から見た所。


窓から



窓から



後は絶壁

こわごわ座っているtina-mama. 夫婦共、高所恐怖症だからね・・・。


グランドキャニオン



グランドキャニオン



この後、事件が・・・

このあと、tina-mamaが迷子になってしまいました。(>_<)
パパがタバコを吸うので、「先に駐車場に戻っていいよ。」と。
「は~~い」と戻ったつもりが・・・駐車場が無い・・・。
歩けども歩けども。 次のヤバパイポイントまで行ってしまったのです。
途中行きつ戻りつで、最後にどっちに歩いてよいのか分からなくなってしまいました。
最初は笑っていたのですが、携帯電話が繋がらない事に気がつき・・・半泣きでした。そのうち歩きすぎて、股関節が痛くなっちゃうし。(-_-;)
もう後は神頼み!! 「右ですか? 左ですか?」
「右!」と言うインスピレーションで右へ。(笑)
あったのです、駐車場が。 何と、道が分かれていたのです。
パパも古田さんもホッとして、座り込んでしまいました。
ごめんなさいねーーー。 1時間くらいロスしちゃった。


昼食

迷子騒ぎで時間を食ってしまったので、次の観光ポイントを省略して昼食を取りました。
ほっとして、パクパク食べました。
パパはビールも飲んでるしー。


昼食



ルート66

最後はセリグマンの街です。
古きよき時代の街並みです。


ルート66



ルート66

とっても愛想の良いお店。
日本からの取材なども多いみたいです。


ルート66



ミニ竜巻

見え難いですが、小さな竜巻です。
一路ラスベガスに向かって!

こうしてラスベガスからの1泊旅行は終了しました。
1泊2日でしたが、朝早くからの移動で、中身の濃い旅行でした。
ガイドの古田さん、本当にありがとうございました。
きっと「グランドキャニオンで迷子になったおばちゃん」として、語り継がれるのでしょうね私・・・。

2007.6.20(水) 1泊ツアー④ 

夜明け前

一夜明けて、ツアー2日目の早朝。  日の出を見るべく、朝食前に出発!
まだ暗い。 当たり前だけど・・・。


夜明け前

うっすら、ぼんやりと薄明かり。 空気はピンと張り詰めている。


朝の空気

清々しい夏の朝の空気。 大自然の匂いがしました。


ジープ

昨日かなりの距離を走ってくれたジープ。  
今日もお世話になりますね。


日の出

だいぶ明るくなってきて、もう少しで太陽が山から顔を出すでしょう。


日の出

とても美しいグラデーションです。


 日の出

もう少しです。 


日の出

太陽が顔を出しました。  感動の一瞬です。
思わず両の手を合わせてしまう、日本人です。(笑)


日の出


感動

パパは何を考えているのでしょう。


日の出ツアーの車

日の出を見るツアーが今頃やってきました。
太陽が出る瞬間が感動的なのにね。  出てしまえば、いつもの太陽・・・。


日の出

周りもかなり明るくなりました。


インディアンの犬

インディアンの飼い犬が駆け回っていました。  繋いで飼う習慣は無いそうです。


朝

空気がとても美味しくて!  大地の朝。


日の出

朝日の当たっていない所は、まだ暗い。


日の出

さあ、また大地の1日が始まります。 大自然にとっては一瞬の瞬きのような24時間なのでしょうね。


一直線の道

さあ、ホテルに帰って朝食をいただきます。
途中の真っ直ぐの道。  私達の未来もこうだと良いね。

2007.6.19 1泊ツアー③ 

車窓より

ホースシューベンドを後にして、次はモニュメント・バレーです。


車窓より

どこを走っても、日本には無い風景が続きます。


車窓より

写真で見た事のある風景が近づいてきましたーー!!


車窓より

大きなメサだ!!! 


ジャーーーン!!!

これぞモニュメント・バレー!!  写真と一緒だ!!
あまりのスケールの大きさに・・・声も出ない。


トラックで

ナバホ・インディアンのトラックに乗り換えて、観光です。


モニュメント・バレー

MESA(頂上が平らで、周りが絶壁の地形)と、いうらしい。
BUTTEビュートは、メサがさらに侵食されて小さくなったもの。
素晴らしいお天気と、素晴らしい風景。 大自然の前では、アングリと口を開けているしかありません。


こんな感じ

トラックからはこんな感じです。


太陽の目

「太陽の目」 うん、確かに大きな目だ。


トラック

こんなトラックで周ります。 説明は古田さんです。


古代人のスケッチ

古代人のスケッチだそうです。 インディアンの方達が管理しておられるので、荒らされずに守られているのですね。


風の耳

「風の耳」 大きなお耳です。


ビッグ・ホーガン

スケールの大きさが分かりますか?


モニュメント・バレー


パパ


モニュメント・バレー

物思いにふけるパパ・・・。


モニュメント・バレー

そろそろ陽が傾いてきました。


モニュメント・バレー

ここはラスベガスと1時間の時差があります。


モニュメント・バレー

陽が赤くなってきました。  tina-mamaの足の長いこと!!


モニュメント・バレー

大自然に、乾杯&完敗ですね。


ビジター・センター

ビジター・センターにもキレイなインディアン・ジュエリーがありました。
でも、縁がなかったわ・・・。


車窓から

ホテルに帰る道々、車窓から撮りました。 空の線は「飛行雲」
空気が澄んでいるせいか、飛行雲が多かったです。


車窓から

さっきの続きの1枚。  山の中央のは、何かなあ??


?

拡大写真。  山のテッペンにモニュメント?
息子の推理は・・・井戸水を汲み上げる風車の上の部分。
tina-mamaは・・・シルクハットを被ったペンギンが分銅をぶら下げている・・・でした。ハハハ!
タヌキが一升徳利を持っている。の、アメリカバージョンかと思ったわ。 アホな!

2007.6.19(火) 1泊ツアー② 

ホースシュー・ベンド

車を降りて15分・・・あれ?20分だっけ・・・歩きました。
ガイドの古田さんにそれを告げられた時、思わず
mama「えーー?? そんなに歩くのですかーー??」


ホースシュー・ベンド

砂で歩き難いし、ギラギラ照りつける太陽。
mama「古田さーーん、歩く価値ありますかーー??」
古田さん「あります、あります!」
papaはタッタカタッタカ歩くし、「待ってよーー。」


ホースシュー・ベンド

見えました!!


ホースシュー・べンド

スゴイ!!!


ホースシュー・ベンド

本当に、こんな色の水なんです。


ホースシュー・ベンド

赤土の平原を(ちょっと起伏はあったけど)、汗して歩いて(たった20分くらいだけど)、良かった。


ホースシュー・ベンド

古田さん、危ないですよーー!
断崖だから、高所恐怖症の私達夫婦は後ろの方から眺めていました。

2007.6.19(火) 1泊ツアー① 

ツアーの始まり

インターネットで見つけた「ツアークラブ・USA」さんの「ミニ・グランドサークル1泊ツアーに参加しました。
http://www.tourclubusa.com/index.htm
本来は火曜日の催行は無いのですが、お願いしてみたらOKとのことでした。
出発は朝の5時・・・。起床は4時。
長~~~い、1日の始まり~~~。


木陰
木陰は涼しい。日向は・・・。


レイク・パウエル

人造湖のレイク・パウエル。美しい湖でした。
「サルの惑星」を撮影したらしいです。


レイク・パウエル

サル夫婦ではありません。(-_-;)


レイク・パウエル

3本の煙突は「火力発電所」


ジープ

2日間お世話になったジープ。
かなりの距離を走ってくれました。

ご一緒した方

アンテロープ・キャニオンではナバホ・インディアンの車に乗り換えての見学となります。
偶然高島忠夫ご夫妻と同じ車となりました。


アンテロープ・キャ二オン

幻想の世界です。


アンテロープ・キャニオン

ちょうどお昼くらいの時間帯が、天からの光が差し込んで最高らしいです。


アンテロープ・キャニオン

素晴らしい光景!


アンテロープ・キャニオン

風でパラパラと落ちてくる砂もキラキラと美しい!!

アンテロープ・キャニオン


アンテロープ・キャニオン


アンテロープ・キャニオン


瞑想中

瞑想中のご一行。
インディアン・フルートを演奏なさっていました。

2007.6.18(月) ラスベガス 

ホテル・ウィン

ウイークデイは娘が仕事の為、相手をしてもらえません。(-_-;)
なので、パパと2人でラスベガスに行きました。
前回は娘と「ベラッジオ」に泊まったので、今回は新しい「ウィン」に泊まってみました。
外観はそんなにゴージャスに見えませんが、新しいので中はキレイです。


ロビー

砂漠の中に作られた街なので、ホテルの中は緑や花で潤いをもたせています。


部屋

フロントで渡されたルームキーには「6004」と。
タワールームを予約しましたが、まさか60階ではなく・・・6階の「004号室」かと思いました。
ちょっと、変か「004号」ってのは。(-_-;)
ビックリ!! やっぱり60階で、別のフロントとエレベターホールがあったのです、タワールームには!!
急にお金持ちになった気分~~。


部屋

とっても明るいお部屋!!
左の白いドアが入り口。 その隣のドアを入ると洗面所。


部屋

中央は壁掛け液晶テレビ。 ここに「Mr.○○・・・」と出て、チェックアウトも部屋で出来ます。


部屋

中央のデスクでインターネットが出来ました。


窓の外

眼下はゴルフ場!!  ガラス越しの撮影なので、tina-mamaの服の柄が写っています。(>_<)
本当は「わーーー!!」って言うくらい緑がキレイでした。
さすがに、あの暑さではプレーをする人も殆んどいませんでした。


洗面所

清潔な洗面所。 洗面ボールは2つ。 左側に深いバスタブと、シャワーブースが別にありました。
右奥にトイレ。 左の洗面台の下には、体重計。 しっかり利用しました。(^_^)v


プールへ

休憩をしてから、ホテル内を探検しました。
暑いのなんのって、屋外に出ると町全体が・・・「エアコンの室外機の前」っていう感じ。(変な表現ですが)
陽射しが痛いし、「アゴの裏まで焼ける」と言う感じです。照り返しがキツイ!!


専用出入り口

こんな所にまで、タワールームの威力が!
エレベーターでもそうでしたが、60階はキーカードを差し込んでから「60」を押すのです。


プール

キレイなプールです。


プール

裸になったら、金持ちかどうか分かりませんネエ。


側面

カーブしている建物だけど、横から見ると細いなあ。
大丈夫かしら。


全景

建物はベラッジオの方が、絵になりますね。 池も噴水もあるし。


タワースイートのエレベター・ホール

タワースイートのエレベータホールです。  美しい~~。


60階の廊下

60階の廊下。 けっこう広いです。
この日は、なにげなく60階に泊まりましたが、後日「60階の威力」を知る事にーー。 

2007.6.17(日)ユニバーサルスタジオ・ハリウッド 

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド

娘が結婚式のお手伝い(着付け)に行ったので、パパと2人でユニバーサル・スタジオ・ハリウッドへ。この日、tina-mamaは時差ボケで最高に体がだるくて辛い日でした。
歩いていても睡魔が襲ってくるし、頭はボーーー。
パパは初めてだからハリキッテいるし・・・元気なオッサン。
相手をするのが辛かった。(-_-;)


お薦め

入場券を買うのに、どれを買おうか迷いました。
売り場でたずねる事が出来ないのですから、英語が・・・。(>_<)
でも、良いのをみつけましたよ。
ちょっとお高いけれど、アトラクションなどに優先的に入場できる「フロント・オブ・ライン」パス。
指差して「This one」 「That one」で、買っちゃった! (^_^)v
このカードを首に掛けて、皆が並んでいるのを横目に「ゲートA」と言う入り口から「お先に~~」と入場できるのです。


怪傑ゾロ

美形のお兄さんお姉さん!


スタジオ・ツアー

前回はしなかった「スタジオ・ツアー」に参加しました。
お薦めです。「VIPツアー」というのも、あるらしい。


ジョーズ

「きゃー!! 突然サメがー!!!」


ジョーズ2

小さな女の子が恐怖のあまりに泣いていました。


記念写真

有名人(写真だけど)と、記念撮影。


メイク

お客さんは子供達が多かったです。


古き良き時代

あまり美しくないお姉さん達・・・。(パパの感想)


夕方

帰ろうと言ってから、いくつのアトラクションを見たことでしょう。
私は朦朧とした意識の中で・・・頑張りました。(-_-;)
娘がホテルに帰っているのに、なかなか帰ろうとしないパパ。
旅行に行くと元気100倍のパパ。
この日はあまり写真を撮りませんでした。私は2回目だし・・・。

2007.6.19(土) 卒業式 

会場到着

グリフィス天文台のあるグリフィスパークの中にある、「グリーク・シアター」で卒業式がありました。
当日公園内は駐車場に向かう車でいっぱいで、ちょっと遅刻。
会場に着いて「花束」を買い(お花の首飾り・レイもあった)、入場!
インターネットで調べたとおり「野外ステージ」
雨の日の想定はないのですね、あちらは・・・。



国歌

国歌を独唱中でした。
卒業式には泣くはずもないと思っていましたが(アメリカのだから)、歌声と観客の国を思う気持がヒシヒシと伝わってきて感動しました。
それと同時に娘の学生生活を思い出し 「よく頑張ったのだな。」と、胸に込み上げてくるものがありました。
ああ、涙が~~。(>_<)



会場

会場はこんな感じです。
日本の卒業式と比べると、ラフな服装の人が多かったです。
卒業生1人につき4枚の招待券を与えられるので、家族だったりお友達だったりの参列もあるのです。



花束を持って

私達は到着したのが遅かったので、こんな端っこで遠い席でした。
でも今回購入したデジカメは頑張ってくれました!



ここよ!

娘はいずこ~~。
何と、パパが見つけました!! 恐るべし「父の愛」  負けた・・・。



父の愛で

私より先にパパが見つけるなんて・・・。
いえ、娘が入場者をキョロキョロと探していて私達を見つけたらしいのです。



和やかな進行

なんと和やかな進行でしょう。 右下の女性は手話通訳をしています。
卒業生は左右の階段を上がって、赤い卒業のブックを手渡されます。



先生方

先生方の席らしいです。


授与

娘は私達から遠い方の壇上で授与されました。
10倍ズームのデジカメが頑張ってくれましたーー。
なんと良い笑顔でしょう!!(親ばかで失礼・・・)


授与2

良く頑張ったね。 ファイナルの度に 「泣きの国際電話」だったけど・・・。


誉められる

ガウンの前を開けていたので、いろんなお友達に 「素敵だわ!」と誉められたそうです。
日本から着物と袴を持って行って良かったです。


撮影依頼

学校の女の方が何やら娘に言っています。
卒業式の記録をしているカメラマンが是非娘の姿を撮影したいとのことだったのです。


こんな感じ

「 はい、こんな感じです。」


ハ~イ

左の男の人がカメラマンです。


退場

やっと終わりました。 お天気が良すぎてかなり暑かったのよね。
でも湿度が無いのでカラットしていて爽やかでしたけど。


会場の外

会場の外に出ました。 お疲れ様。 可愛い着物でしょう。 涼しげで。


お友達と

お友達と。 


父娘

パパと。


 駐車場まで

駐車場まで歩いて行くところ。 全員が車で来るわけだからスゴイよねー。


グリーク・シアター

この建物の奥(裏側)に、あの野外ステージがあるなんて思えないでしょう。


グリーク・シアター

朝来た時、この前は車でいっぱいでした。


豪華な爪

着物に合わせた・・・「豪華な・・・高価な・・・爪」


本日終了

やっと今回の旅行のメインエベントが終わりました!  疲れたねえ・・・。
| HOME |
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。